一人暮らし 引っ越し 費用 総額

お金が足りないなんてことにならないために

一人暮らしの引っ越しにかかる費用の総額はいくらぐらい?お勧め引越し一括見積もり

 

一人暮らしの引っ越し費用というのはどれくらいかかるのでしょうか。
総額について正しく理解しておかないと、
いざ引っ越しをしようと思った時にお金が足りない!
というケースに陥ってしまうかもしれません。

 

これから引っ越しを検討しているという方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

一人暮らしの引っ越し費用総額はどれくらい?

一つの目安として家賃の6ヶ月分は必要だといわれています。

つまり、家賃5万円の物件へ引っ越したいと思っている方の場合、
30万円は用意しておいた方が良いということですね。

 

では、具体的にどのような内訳になっているのでしょうか。

まず、初期費用としてかかるお金があります。

大家さんに支払う保証金でもある敷金は家賃の1ヶ月分前後となっており、
こちらは退去した際の修繕費にも使われる費用です。

 

それから、大家さんにお部屋を貸してくれたお礼として支払うのが礼金で、
家賃の1〜2ヶ月程度が相場となっています。

 

それから仲介業者を通して武家の契約をした場合には
仲介手数料を支払わなければなりません。
こちらは原則として家賃の0.5ヶ月分という形になります。

 

それと、翌月分の家賃を契約時に支払う前家賃というものもあるので注意してくださいね。
入居するタイミングによっては日割り家賃も発生します。

 

一人暮らしだったとしても物件によっては管理費や共益費が発生することもありますよね。
また、連帯保証人がいない場合や連帯保証人を不要としている物件では
賃貸保証料というものが発生します。

 

このほかにも2万円の火災保険料、必要であれば消毒料や鍵の交換費用なども発生するため、
自分の家賃がいくらかということから総額を考えてみましょう。

 

一人暮らしの引っ越しで忘れがちな費用は?

一人暮らしの引っ越しの場合、近所へは挨拶に行かないという方も増えているようです。

 

これはセキュリティの問題なども関係しているのですが、挨拶に行こうと思っている方は
引っ越し挨拶の品を購入する費用も考えておく必要があります。

 

一般的には一軒あたり500円前後のもので良いので、
何軒配るのか考えてみてくださいね。

 

また、現在すでに一人暮らしをしているという方の場合、引っ越しをする際に
必要になる不用品の処分費用も考えておかなければなりません。
自治体に依頼する場合、粗大ごみは有料での回収という形になるので
大きな家具や家電をたくさん処分しなければならない場合は費用もかかります。

 

それから新居で近所の方に挨拶をする予定はないけれど、
今住んでいる物件は周りの方にお世話になったから挨拶の品を渡したいという方もいるはず。
この場合はその費用も考える必要があります。

 

家具や家電の購入費

一人暮らしでも洗濯機や冷蔵庫、電子レンジ、テーブル、布団、カーテンは最低限必要です。

このほかにも炊飯器や収納ケース、テレビ、ドライヤー、カーペットなども
購入する方が多いですよね。

 

このような家具や家電は思いつきやすいのですが、
生活必需品であるハンガーや洗濯洗剤、ボディソープ、
ティッシュペッパーなど細かいものをうっかり忘れていたという方もいます。

 

細かいものでも一つ一つ購入していくと総額はかなりの金額になるので注意が必要です。
近年は100円ショップでもたくさんの商品が販売されているので、
できるだけ総額を安く済ませたいと思っている方は100円ショップも活用しましょう。

 

一人暮らしの引っ越しにかかる費用の総額はいくらぐらい?お勧め引越し一括見積もりサービス

 

一人暮らしの引っ越し費用総額を抑えるには?

いくつかポイントがあります。

まず、礼金がない物件を探すということ。

礼金というのは大家さんに支払うお礼なのですが、
中には不要としているところもあります。
また、管理費や共益費は毎月発生するところも多いので
注意して比較してみてくださいね。

 

電子レンジや冷蔵庫、洗濯機などを一からそろえなければならないという方は
リサイクルショップを覗くのもおすすめです。

 

オークションやフリマアプリでもたくさんの家電が出品されているのでチェックしてみてくださいね。

 

引っ越し費用を安く済ませよう

一人暮らしの引っ越し費用総額を安く済ませるために
最も重要ともいえるのが安い引っ越し業者を探すということです。
各業者ごとに料金が違うため、できるだけ安いところを探しましょう。

 

業者を比較する際にお勧めのサービスとして一括見積もりサービスというものがあります。

どの業者が安いのかを知るためには実際に比較しなければわかりませんよね。

 

比較のための最もわかりやすい方法が
各業者から仮見積もりを取り寄せるということ。
それを一括でできるサービスなので活用してみてくださいね。

 

自分が引っ越しをした際にはどれくらいの料金がかかるのが相場かということもわかるので、
誤って相場以上の料金が設定されている引っ越し業者を選ぶ心配も少なくなります。

 

できるだけたくさんの業者を比較した方が一人暮らしの引っ越し費用総額は
抑えられるので、チェックしてみてはどうでしょうか。

業者の比較を始めるのはできるだけ早い方が良いので
余裕をもって利用するのがおすすめです。

一人暮らしの引っ越しにかかる費用の総額はいくらぐらい?お勧め一括見積もり

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME'S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。